チョコレートの温度調整(テンパリング)を利用したお菓子作り


今日は某高校の授業でした。

目的 チョコレートの性質を覚えテンパリングを利用したお菓子マンディアン を作る

湯煎にかけて溶かしたチョコの温度を50℃まで上げて27℃まで下げて31℃まで上げて、厳密にはもう少しテクニックも必要なんだけどそれは現場でお話する事なので割愛しますが、テンパリングが上手く取れるとチョコの固まり方も早いのね、初めての作業でしたが説明が良かったようで(笑)生徒達皆上手に作れました。

今日は時間の都合でローストのみのナッツでしたが、キャラメリゼすれば味わいも変化します。また、大人になったらアルコール漬のドライフルーツを添えても美味しいですね。

自宅で作る?の問いかけに、「これは作りたい!自分で綺麗に作れるようになりたい」と答えてくれた生徒達、来年のバレンタインが楽しみです(^^)

あたなにオススメの記事

  • ブルーライト 勝沼  ♪♭♪♯2017年11月29日 ブルーライト 勝沼 ♪♭♪♯ アトリエから見える勝沼の交差点に東栄会のクリスマスツリーが飾られました(╹◡╹) 都心のそれとは比べられませんが素敵でしょう♪ […] Posted in BLOG
  • イベント  梅郷あきまつり2019年11月29日 イベント  梅郷あきまつり 今朝は霜月という名の通り冷え込みましたね、紅葉からクリスマスカラーに変わる晩秋を惜しむように明日11月30日(土曜日)は […] Posted in BLOG
  • 青梅のお土産2018年7月19日 青梅のお土産 子供さんも喜ぶお菓子詰め合わせの御依頼。 チョコナッツ、プレーン、抹茶 あれ?詰めた写真撮り忘れました。 大人向けは、「狭山茶クッキ […] Posted in BLOG