日本一の柚子ジャム


日本一の柚子ジャム作り

毎年恒例の柚子ジャム作りのお手伝いをして来ました。

先ずは柚子もぎ

青梅菓子工業組合の皆で柚子もぎをするのですが、柚子の木は棘が多く、しかも硬くて痛い!

軍手?そんなんじゃとても保護出来ませーん。

艶やで綺麗な柚子の実は梯子に登り、さらに高枝切りバサミを使うような高いところにあるのです。

上手に取らないと、コロっと落ちて途中で棘に刺さってしまうの。

でもね、辺り一面柚子の香りが漂っていい気持ち、それに自ら収穫する柚子は新鮮で安心ね。

さて調理場で綺麗に洗われた柚子の種を取り除きジュースを絞る。

自然の柚子はアバタも多いので、それらを丁寧に取り除きます。

それからフサを取り除き水に晒して一晩。

翌日苦味のある白い部分を取り除きカットします。

その後2回晒してから柚子のジュースと種からとったペクチンを加え煮詰めます。そしてお砂糖を加えさらに煮詰めるの。

炊きあがったらビン詰、煮沸、冷却、箱詰、蓋をするにもコツがあるのよ。

お手伝いさせて頂き良い勉強になりました。

苦味が薄く、甘過ぎず、香りの良い柚子ジャム。

青梅菓子工業組合で作る柚子ジャム!

これこそ日本一の柚子ジャムだよー

とっても美味しいので食べてみてね。

あたなにオススメの記事