端午の節句


端午の節句

現代の子供の日、元々は五節句のひとつ端午の節句にあたり、5月一番初めの午の日を指したようです。

端は(はし)始めを意味するそう。

端午の節句が男の子のお祝いの日になったのは江戸時代になってからなんですね、

尚武(武を重んじる)音が菖蒲と同じだったから武家の間で盛んに行われいたようです。

家の跡継ぎの健やかな成長と家の繁栄を願って端午の節句が浸透していったのですね。

シュガークラフト 兜と鯉のぼり

あたなにオススメの記事

  • 青梅のお菓子教室   マロンケーキ2018年10月15日 青梅のお菓子教室 マロンケーキ 単発レッスン マロンケーキ(5号) ケーキ作りの基本のコースを終えた生徒さんからのリクエストでした。 ココア生地に、ふわふわの生クリ […] Posted in BLOG
  • 夏の御岳山2018年7月4日 夏の御岳山 昨日迄の暑さも、今日は和らいでホッと一息つけたことと思います。 こちらは御岳山参道入口 ゆっくり歩いて登るのも良いですが… 真夏日な […] Posted in BLOG
  • 西多摩の特産品   冷やして食べたい甘酒ケーキ2018年6月30日 西多摩の特産品 冷やして食べたい甘酒ケーキ 青梅自慢の銘酒澤乃井、その銘酒とともに出来る酒粕(酒の華) そもそも粕とは何ぞや? 液体を、絞った残り? まぁねぇ確かにそうだけど! […] Posted in BLOG