端午の節句


端午の節句

現代の子供の日、元々は五節句のひとつ端午の節句にあたり、5月一番初めの午の日を指したようです。

端は(はし)始めを意味するそう。

端午の節句が男の子のお祝いの日になったのは江戸時代になってからなんですね、

尚武(武を重んじる)音が菖蒲と同じだったから武家の間で盛んに行われいたようです。

家の跡継ぎの健やかな成長と家の繁栄を願って端午の節句が浸透していったのですね。

シュガークラフト 兜と鯉のぼり

あたなにオススメの記事

  • お詫び2017年11月25日 お詫び 本日パティスリーテロワールにショコラポックス12個入りのお問合せ下さいましたお客様。 誠にありがとうございました。   […] Posted in BLOG
  • 鼻血が出そう2020年3月16日 鼻血が出そう 昨年、都立多摩高等学校の生徒会が企画して始まった青梅市の梅の公園再開に向けてのボランティア活動、七兵衛クッキーを製造しマルシェや産業観光 […] Posted in BLOG
  • 青梅のお土産2018年7月19日 青梅のお土産 子供さんも喜ぶお菓子詰め合わせの御依頼。 チョコナッツ、プレーン、抹茶 あれ?詰めた写真撮り忘れました。 大人向けは、「狭山茶クッキ […] Posted in BLOG